本当に良いドッグフード5選【子犬用】選び方とポイントもしっかり紹介

※本ページにはプロモーションが含まれています。

本当に良いドッグフード5選【子犬用】選び方とポイントもしっかり紹介

子犬の健康を守るために、本当に良いドッグフードを選ぶことは非常に重要です。

しかし、現在販売されているドッグフードの種類が多く、どれを選べば良いのか迷いますよね。

本記事では、「本当に良い子犬用のドッグフード」を探している方に向けて、子犬用ドッグフードの選び方や必要な栄養素を詳しく解説します。

また、獣医のおすすめや無添加ドッグフード、涙やけ対策に効果的なフード、おすすめ5選も紹介します。

さらに、ドッグフード変更時の注意点や方法についても触れているので、ぜひ参考にしてください。

記事のポイント

  • 子犬用ドッグフードの選び方や必要な栄養素について
  • 獣医がおすすめする無添加ドッグフードの特徴や利点
  • 涙やけ対策に効果的なドッグフードの選び方
  • ドッグフードの変更時の注意点や具体的な方法

本当に良いドッグフード|子犬に選ぶポイント

  • 子犬用ドッグフードの選び方
  • 子犬用ドッグフードに必要な栄養素
  • 子犬におすすめなドッグフード5選
  • 獣医おすすめドッグフードはモグワン
  • 無添加のドッグフードが必要な理由
  • 涙やけ対策に有効なのもモグワン

子犬用ドッグフードの選び方

子犬に最適なドッグフードを選ぶことは健康に成長するために必要不可欠です。

以下に子犬用のドッグフードを選ぶ際のポイントをまとめました。

成分表を確認
子犬用ドッグフードを選ぶ際は、成分表を必ず確認しましょう。高品質なタンパク質(肉や魚)が主成分であることを確認します。成分表の最初に記載されている材料が肉や魚であれば、子犬に必要な栄養素が豊富に含まれていることが保証されます。
添加物の少ないものを選ぶ
保存料、着色料、人工甘味料などが含まれていないものを選びましょう。天然の保存料や無添加のものを選ぶことで、子犬の健康を守りやすくなります。化学物質が少ないほど安心です。
適切なカロリーと脂肪量
子犬の体重や活動量に応じたカロリーと脂肪量のバランスが取れているドッグフードを選びます。一般的にには、子犬のカロリー摂取量は1日に体重1kgあたり約55カロリーが目安です。また、脂肪量は全体の10〜20%程度が適切とされています。
これは成長期の子犬にとって非常に重要ですので、適切な栄養バランスを保つことが大切です。
健康問題に対応したフード
アレルギーや消化器系の問題を抱える子犬には、特別なドッグフードを選ぶことが重要です。
アレルゲンフリーのフードや消化吸収が良い成分を含むフードを選びましょう。プレバイオティクスやプロバイオティクスが含まれるフードは腸内環境を整え、特定の健康問題に対応した成分(グルコサミン、オメガ3脂肪酸など)が含まれるフードも適しています。

子犬の好みで食べないものもあるので、お試し価格で購入可能な気になるドッグフードを試して最適なドッグフードを探しましょう。

子犬用ドッグフードに必要な栄養素

良質なドッグフードは、子犬の健康と成長に大きく寄与します。子犬が健康で元気に成長するためには、以下の栄養素がしっかりと含まれているドッグフードを選ぶことが重要です。

子犬用ドッグフードに必要な栄養素

  1. 必須栄養素を確認:子犬の成長に必要なタンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラルがバランス良く含まれているドッグフードを選びます。
    特に、タンパク質は成長や筋肉の発達に欠かせないため、良質な肉や魚が使用されているものが望ましいです。
  2. 成長に必要なミネラルとビタミン:子犬の骨や歯の発達にはカルシウムとリンが重要です。また、ビタミンA、D、E、そして必須脂肪酸(オメガ-3脂肪酸やオメガ-6脂肪酸)も必要です。これらの栄養素がバランス良く含まれているかを確認しましょう。

良質なドッグフードは、子犬の健康と成長に大きく寄与します。子犬が健康で元気に成長するためには、これらの栄養素がしっかりと含まれているドッグフードを選ぶことが重要です。

ドッグアドバイザー
ドッグアドバイザー

次に紹介させていただくドッグフードは、子犬の成長にピッタリで高品質なドッグフードばかりです!

ですが、わんちゃんの好みによって食いつきの良し悪しはどうしてもあるかと思います。

お求めやすい価格で気になるドッグフードから試していただき、最適なドッグフードを見つけてくださいね!

子犬におすすめなドッグフード5選

比較項目モグワンこのこのごはんオリジンパピー用うまかオブレモ
初回最安値価格
(1kgあたりの価格)
2,519円
(1,400円)
3,278円
(3,278円)
8,800円
(4,400円)
2,778円
(1,852円)
2,415円
(3,019円)
割引率限定
50%OFF
15%OFF割引なし限定
50%OFF
50%OFF
内容量1.8kg1kg2kg1.5kg0.8kg
特徴高品質な原材料
無添加で安心
グレインフリー
国産の高品質原料
小麦グルテンフリー
栄養バランス良好
高タンパク質
新鮮な原材料
グレインフリー
高品質な国産原料
無添加
消化に良い
国産の鶏肉使用
消化に優しい
アレルギー対応
詳細情報詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
ドッグフード比較表

全65種類から厳選し、子犬におすすめできるドッグフードを選び抜きました。

どのドッグフードも定期購入が最安値ですが、定期縛りなどの制約はありませんのでご安心を。

初回購入後にすぐ解約していただいても料金が変わることはありません!

モグワン

価格(税込)【通常】5,038円
【定期】4,030円
当サイト限定初回50%OFF
【限定】2,519円
内容量1.8kg
主原料チキン&サーモン56.5%(どちらも生肉と乾燥肉を 使用)・サツマイモ
ドッグフードのタイプドライフード
対応年齢全年齢対応
原産国イギリス
モグワン概要

子犬におすすめのポイント

  • 栄養バランスが良く、子犬の成長に必要な成分が豊富
  • 消化に優れたサツマイモを使用し、子犬の胃に優しい
  • グレインフリーでアレルギーに配慮

モグワンは子犬に特におすすめのドッグフードです。

栄養バランスが良く、チキンとサーモンが豊富に含まれているため、成長期の子犬に必要なタンパク質と脂肪をしっかりと供給します。消化に優れたサツマイモを使用しており、子犬の消化器系に負担をかけません。

また、グレインフリーのため、穀物アレルギーを持つ子犬にも安心して与えることができます。

イギリス産の高品質な原材料を使用しており、安全性にも優れているため、子犬の健康をしっかりとサポートします。

迷ったらコレ!限定50%OFFキャンペーン中!

このこのごはん

価格(税込)【通常】3,850円
【定期】3,278円 15%OFF
内容量1kg
主原料鶏肉(ささみ、レバー)、玄米、大麦
ドッグフードのタイプドライフード
対応年齢全年齢対応
原産国日本
このこのごはん概要

子犬におすすめのポイント

  • 高品質な国産原料を使用し、安心・安全
  • 鶏肉を主原料とし、タンパク質が豊富
  • 小麦グルテンフリーでアレルギーに配慮

このこのごはんは、子犬の健康をしっかりとサポートするために設計されたドッグフードです。

使用されている原料はすべて人間が食べられる品質で、日本国内から仕入れた新鮮なものを使用しています。

鶏肉(ささみ・レバー)が主原料で、タンパク質が豊富に含まれているため、成長期の子犬に必要な栄養をしっかりと補給できます。また、小麦グルテンフリーのため、アレルギーを持つ子犬にも安心して与えられます。

化学的な添加物を一切使用していないため、安心して愛犬に与えることができます 。

ヒューマングレードの安心感!

オリジンパピー用

価格(税込)【通常】8,800円
+770円(送料・税込)
内容量2.0kg
主原料新鮮鶏肉(23%)、生七面鳥肉(10%)、新鮮鶏内臓(レバー、心臓)(8%)
ドッグフードのタイプドライフード
対応年齢全年齢対応
原産国カナダ
オリジンパピー用概要

子犬におすすめのポイント

  • 高タンパク質で子犬の成長をしっかりサポート
  • 新鮮な原材料を使用し、栄養価が高い
  • グレインフリーでアレルギーに配慮

オリジンパピーは、子犬の健康と成長をしっかりサポートするために設計された高品質なドッグフードです。

新鮮な鶏肉や七面鳥肉を主原料として使用しており、豊富なタンパク質を提供します。このため、成長期の子犬に必要な栄養を効率よく摂取することができます。

また、使用されている原材料はすべて新鮮で栄養価が高く、消化吸収も良いため、子犬の消化器系にも優しい設計です。

さらに、グレインフリーなので、穀物アレルギーを持つ子犬にも安心して与えることができます。

オリジンパピーは、カナダ産の高品質な原材料を使用し、厳しい品質管理のもとで製造されているため、安全性も非常に高く、愛犬に安心して与えることができます。

オリジンパピーで愛犬の成長をしっかりサポート!

うまか

価格(税込)【通常】5,478円
【定期】3,278円
当サイト限定初回50%OFF
【限定】2,778円
内容量1.5kg
主原料鶏肉、玄米、大麦、かつお節、大豆
ドッグフードのタイプドライフード
対応年齢全年齢対応
原産国日本
うまか概要

子犬におすすめのポイント

  • 高品質な国産原料を使用し、安全・安心
  • 鶏肉を主原料とし、タンパク質が豊富
  • グレインフリーでアレルギーに配慮

うまかは、子犬の健康をしっかりとサポートするために設計されたドッグフードです。

使用されている原料はすべて人間が食べられる品質で、日本国内から仕入れた新鮮なものを使用しています。

鶏肉が主原料で、タンパク質が豊富に含まれているため、成長期の子犬に必要な栄養をしっかりと補給できます。また、グレインフリーのため、アレルギーを持つ子犬にも安心して与えられます。

化学的な添加物を一切使用していないため、安心して愛犬に与えることができます。

安心の素材で小型犬の健康をサポート

オブレモ

価格(税込)【通常】4,830円
【定期】3,267円
当サイト限定初回50%OFF
クーポンコードobremo50offを入力で
【限定】2,415円
内容量0.8kg
主原料鶏肉、大麦、玄米
ドッグフードのタイプドライフード
対応年齢成犬・シニア犬用
原産国日本
オブレモ概要

子犬におすすめのポイント

  • 国産の高品質原料を使用し、安全性が高い
  • 消化に良い成分を多く含み、子犬の消化器官に優しい
  • アレルギーに配慮したレシピで安心

オブレモは、子犬にも安心して与えられる高品質なドッグフードです。

主原料には国産の鶏肉や大麦、玄米を使用しており、安心・安全な食材を提供しています。

また、消化に良い成分が豊富に含まれているため、子犬の消化器官に優しく、健康的な成長をサポートします。さらに、アレルギーに配慮したレシピとなっており、食物アレルギーを持つ子犬にも安心して与えることができます。

オブレモは、日本国内で厳しい品質管理のもと製造されており、安心して愛犬に与えることができます 。

保存料・着色料不使用で安心安全

獣医おすすめドッグフードはモグワン

獣医師の間で最もおすすめされているドッグフードの一つは「モグワン」です。

以下にその理由を詳しく説明します。

  1. 無添加・高品質原材料: モグワンは無添加で、人工保存料や着色料、香料を一切使用していないため、健康面で安心して与えられるドッグフードです。主原料としてチキンとサーモンが使われており、これらは高品質で栄養価が高いです。
  2. 栄養バランスの良さ: モグワンは栄養バランスに優れています。特に子犬の成長に必要なタンパク質や脂肪、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。また、オメガ3脂肪酸を含むサーモンオイルが、被毛の健康をサポートし、皮膚のトラブルを防ぎます。
  3. 消化吸収に優れた設計: 消化に良いサツマイモを使用しており、子犬の消化器官に負担をかけません。消化吸収が良いため、便の状態も安定しやすく、健康的な成長をサポートします。
  4. グレインフリーでアレルギー対策: 穀物アレルギーを持つ犬にも安心して与えられるグレインフリーのレシピです。穀物を使用しないことで、アレルギー反応のリスクを減らし、健康を守ることができます。

モグワンはこれらの理由から、多くの獣医師に支持されているドッグフードです。

高品質な原材料と無添加の設計により、子犬の健康をしっかりとサポートし、安心して与えることができます​​。
>>モグワンの詳細を確認する

無添加のドッグフードが必要な理由

子犬に無添加のドッグフードが必要な理由は、以下の通りです。

  1. 健康への影響: 添加物や人工保存料、着色料、香料は、犬の消化器系に負担をかけることがあります。特に子犬は成長期であり、消化器系がまだ発達途上のため、無添加のフードを与えることで、消化不良や胃腸障害を避けることができます。
  2. アレルギー対策: 添加物や低品質の原材料は、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。子犬は初めて経験する食材に敏感な場合が多く、無添加のフードを選ぶことで、アレルギーのリスクを減らすことができます。
  3. 自然な成長サポート: 無添加のドッグフードは、自然のままの栄養素を豊富に含んでいるため、子犬の健康的な成長をサポートします。人工的な添加物を避け、自然な食材から栄養を摂取することで、免疫力の向上や健康的な発育が促されます。

無添加のドッグフードを選ぶことで、子犬の健康をしっかりと守り、安心して成長を見守ることができます。特に成長期の子犬には、できるだけ自然に近い形で栄養を摂取させることが重要です。

涙やけ対策に有効なのもモグワン

涙やけに最も効果があると思われるドッグフードは「モグワン」です。

モグワンは高品質な原材料を使用し、人工添加物を一切含まない無添加のドッグフードです。涙やけの原因の一つは、食事中の添加物や低品質な原材料によるアレルギーや消化不良。

モグワンは、チキンとサーモンを主原料としており、消化に良いサツマイモも含まれています。このため、アレルギーや消化不良を起こしにくく、涙やけの予防に役立ちます。

また、グレインフリーであるため、穀物アレルギーのある犬にも適しています。

さらに、オメガ3脂肪酸を豊富に含むサーモンオイルが、被毛の健康をサポートし、目の周りの皮膚を健康に保つ効果も期待できます​​。
>>モグワンの詳細を確認する

本当に良いドッグフード|子犬に与えるタイミング

  • パピー用ドッグフードはいつまで与えるべき?
  • 3ヶ月の子犬に与えるフードは?
  • 4ヶ月の子犬に与えるフードは?
  • 子犬は何食したらいい?
  • 子犬用ドッグフードの変更時期と方法
  • ドッグフードを食べない時の原因と対策

パピー用ドッグフードはいつまで与えるべき?

パピー用ドッグフードは子犬の成長期に必要な栄養素をバランスよく含んでいるため、成長期を過ぎるまで与えることが推奨されます。

一般的に、小型犬では生後9〜12ヶ月中型犬では生後12〜15ヶ月大型犬では生後18〜24ヶ月までが目安となります。これらの期間は犬種や個々の成長速度により異なるため、獣医師のアドバイスを受けることが大切です。

また、成長期を過ぎた後は、成犬用ドッグフードに切り替える必要があります。成犬用フードは、カロリーや栄養素が異なるため、適切なタイミングで切り替えることで、肥満や栄養不足を防ぐことができます。

ただし、ドッグフードの切り替えは徐々に行うことが重要です。新しいフードを少しずつ混ぜていき、1〜2週間かけて完全に切り替えることで、犬の消化器官に負担をかけずに移行できます。

3ヶ月の子犬に与えるフードは?

3ヶ月の子犬には、栄養バランスが整ったパピー用ドッグフードを与えることが重要です。この時期は成長が著しく、特にタンパク質やカルシウム、DHAなどの栄養素が必要です。これらの栄養素は、骨や筋肉の発達、脳の発育に欠かせません。

1日に与える食事の回数は、3〜4回が目安です。小分けにすることで、消化器官に負担をかけず、安定したエネルギー供給ができます。また、フードの量はパッケージに記載されている推奨量を参考にし、体重や成長の様子を見ながら調整してください。

3ヶ月の子犬はまだ消化器官が未成熟なため、高品質な原材料を使用した無添加のドッグフードを選ぶことが推奨されます。さらに、食事の際には新鮮な水を常に用意し、水分補給も忘れずに行いましょう。

最後に、子犬がフードに興味を示さない場合もあります。その際は、ドライフードに少量のぬるま湯を加えて柔らかくするなど、工夫してみてください。

4ヶ月の子犬に与えるフードは?

4ヶ月の子犬にも引き続き栄養バランスが整ったパピー用ドッグフードを与えることが重要です。この時期も成長が著しく、適切な栄養摂取が求められます。特に必要な栄養素は以下の通りです。

  • タンパク質:筋肉や組織の発達に不可欠です。
  • カルシウムとリン:骨の発育を助けます。
  • DHA:脳の発達をサポートします。

食事の回数はこちらも3〜4回に分けて与えるのが理想です。少量ずつ頻繁に与えることで、消化器官に負担をかけず、エネルギーを安定して供給できます。また、フードの量はパッケージに記載されたガイドラインを参考にし、子犬の体重や成長に応じて調整してください。

子犬が食べるペースや食欲も観察し、必要に応じて柔らかいフードにするなどの工夫も行いましょう。特に、フードに興味を示さない場合は、ドライフードに少量のぬるま湯を加えてみるとよいでしょう。

子犬は何食したらいい?

子犬の食事回数は成長段階に応じて異なります。一般的な回数は以下の通りです。

  • 生後2〜3ヶ月:1日4回
  • 生後3〜6ヶ月:1日3回
  • 生後6ヶ月以降:1日2回

このように、子犬の消化器官はまだ発達途中であるため、頻繁に少量ずつ食べることで負担を軽減し、安定したエネルギー供給が可能になります。また、各食事の量はパッケージに記載された推奨量を参考にし、子犬の体重や成長具合に応じて調整してください。

さらに、水分補給も忘れずに行うことが大切です。新鮮な水を常に用意し、子犬が十分な水分を摂取できるようにしましょう。食事の際には、食欲や体調を観察し、異常が見られた場合は獣医師に相談することをお勧めします。

子犬用ドッグフードの変更時期と方法

子犬のドッグフードを変更する時期と方法については、以下のポイントを参考にしてください。

変更時期
小型犬では生後9〜12ヶ月中型犬では生後12〜15ヶ月大型犬では生後18〜24ヶ月までを過ぎたらドッグフードの変更を検討しましょう。
変更方法
初日〜3日目:新しいフードを現在のフードに対して25%混ぜる。
4日目〜6日目:新しいフードを50%に増やす。
7日目〜9日目:新しいフードを75%に増やす。
10日目以降:新しいフードに完全に切り替える。

このように、少しずつ新しいフードに慣れさせることで、子犬の消化器官への負担を最小限に抑えることができます。

また、変更後も便の状態や食欲を観察し、異常があればすぐに獣医師に相談してください。

ドッグフードを食べない時の原因と対策

子犬がドッグフードを食べない場合、いくつかの原因が考えられます。その原因に応じて適切な対策を講じることで、子犬の食欲を改善することができます。

原因

  • フードの好き嫌い:子犬が特定の味や食感を嫌がることがあります。
  • 体調不良:消化不良や病気が原因で食欲が低下している可能性があります。
  • ストレス:環境の変化や騒音などが子犬のストレスとなり、食欲不振を引き起こすことがあります。
  • 与え過ぎ:間食やおやつの与え過ぎが原因で、食事の時間にお腹が空いていないことがあります。

対策

  • フードの変更:異なるブランドや種類のドッグフードを試してみましょう。子犬に合う味や食感を見つけることが重要です。
  • 健康チェック:獣医師に相談し、体調に問題がないか確認してもらいましょう。必要に応じて検査を受けることも大切です。
  • ストレスの軽減:静かな環境で食事を提供し、リラックスできる状況を作りましょう。新しい環境に慣れるまで時間がかかることもあります。
  • 食事の管理:おやつの量を制限し、規則正しい食事時間を設けることで、子犬の食欲を改善します。

これらの対策を講じることで、子犬がドッグフードを食べるようになる可能性が高まります。子犬の健康と成長のために、適切な食事を提供することは非常に重要です。

本当に良いドッグフード(子犬用)について総括

記事のポイントをまとめます。

  • 子犬に最適なドッグフードを選ぶことは健康に成長するために必要不可欠。
  • 成分表を確認し、高品質なタンパク質が主成分であることを確認する。
  • 保存料、着色料、人工甘味料などが含まれていないものを選ぶ。
  • 子犬の体重や活動量に応じたカロリーと脂肪量のバランスが取れているものを選ぶ。
  • アレルギーや消化器系の問題に対応した特別なフードを選ぶ。
  • お試し価格で購入可能なドッグフードを試して最適なものを探す。
  • 必須栄養素をバランス良く含むドッグフードを選ぶ。
  • カルシウムとリンがバランス良く含まれているか確認する。
  • ビタミンA、D、E、必須脂肪酸が含まれているか確認する。
  • 獣医師おすすめの無添加ドッグフードを選ぶ。
  • 涙やけ対策に有効なドッグフードを選ぶ。
  • 定期購入が最安値で制約のないドッグフードを選ぶ。
  • 消化に良い成分を含むフードを選ぶ。
  • 子犬に合う味や食感を見つけるために異なるブランドを試す。
  • 安心して与えられる高品質な原材料を使用したフードを選ぶ。

>>当サイトのおすすめはモグワン<<

  • 子犬の成長に必要な栄養が満点
  • 消化に良い成分で消化器官に優しい
  • 涙やけやアレルギーなどの悩みにも対応

現在当サイト限定50%OFFでお試し可能です!

愛犬の成長を大切に思うならぜひ一度お試しください!!
>>モグワンを50%OFFでお試ししてみる